50代の美容と健康

50代をどう過ごすかで第二の人生は大きく変わる!

50代という時期…

人生50年と言われていた時期がありました。これは単に平均寿命云々だけではなく、男性も女性も50代という年齢になると心と身体に大きな変化が現れてくることから言われていた言葉です。女性の場合、「閉経」という女性として大きな節目がありますが日本人女性の平均閉経年齢がちょうど50歳と言われています。この閉経前後5年間に様々な症状が現れます。更年期です。

 

男性は女性ほど大きな変化はないと思われがちですが、最近の研究では男性にも更年期があることが報告されています。50代に差し掛かるとどんな人でも肉体的な衰えを感じるようになります。それまで当たり前に出来ていたことがシンドクなる、無理が効かなくなる。自分の「老い」否応もなく感じさせられることが多くなります。

 

また、50代と言えば精神的にも大きな分岐点を迎えます。子どもが成長し独立する、そろそろ第二の人生の選択に迫られる時期です。こうした肉体的な老いと不安定な精神状態からこの時期に男性・女性ともに「うつ」を発症する人も増えています。一方で、50代でも気力、体力とも充実、まだまだ精力的にエネルギッシュに活動している人もいます。この違いはどこから来るのでしょうか?

 

50代の健康-更年期障害と精力減退-

50代にとってまず何よりも考えたいのが健康でしょう。健康はどの年代にとっても大切なものですが、とりわけ50代にとっての健康は別の意味を持ってきます。更年期障害、50肩、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病、初老ウツと呼ばれる心の問題…こうした50代に特徴的な心身の問題に対応した対策が求められます。

 

この50代をどのように乗り切るかによって60代、70代を健やかに元気に過ごせるかどうかが決まってきます。人生にとっても50代は分岐点ですが健康にとっても50代をどう過ごすかということはとても大切なことになります。60代・70代のいわゆる高齢者になってから考えるのとしっかり50代から準備しているのでは全くその後の健康状態は変わってきます。

 

この時期女性が経験する身体をめぐる様々な症状の多くに閉経に伴う更年期障害が関係しています。めまいの症状がひどく精密検査を受けてもどこにも異常が認められなかった女性がホルモン療法(更年期障害の治療法)を受けたら治ったという例も多いようです。めまいに限らず、不眠、生理不順、イライラ、火照り、頭痛、倦怠感、手足のしびれ…女性ホルモンの急激な減少が引き起こす更年期障害の症状は人によって様々です。それだけにしっかりとした正しい知識を持って対策を立てていきたいものです。

 

また、この時期の男性の大きな悩みの一つに精力減退があります。30代40代の頃のような元気が無くなった…これは多かれ少なかれ50代を迎えるほとんどの男性が感じることではないでしょうか?根拠の無い自信は禁物ですがしかしだからと言って肉体的・体力的な衰えに自信を失う必要はありません。50代の精力減退は生活習慣を見直すことでその7割は改善できるといわれています。これを良いきっかけとして食生活を量から質へと見直し、十分な睡眠と適度な運動を取り入れることでまだまだ活力アップをはかってみてはいかがでしょうか。

50代の健康に役立つ参考サイト

更年期サプリメント:ホルモン治療を行うには副作用が気になる…そんな更年期に悩む女性に選ばれているサプリメントにはどんなものがある?その効果は?
アンチエイジングサプリQ&A:アンチエイジングに役立つサプリメントは?口コミを参考に効果的なアンチエイジングサプリを紹介しています。

 

50代の美容法とは?

女性であるからには(最近は男性も)いくつになっても美しくありたいと思うもの。実際、一昔前と違い現在は50代と言っても綺麗に美しく歳を重ねている女性も多くなりました。街で成人した娘さんと一緒に洋服を選んでいる、オシャレを楽しんでいる女性を見かけることも珍しくなくなりました。

 

50代と言えば以前は当たり前と思われたシミ・シワ・たるみといった皮膚の症状も優れた化粧品の登場でその多くが改善できるようになりました。え?ホントに50代?という美肌自慢の女性が広告の中だけでなく実際に増えてきました。ただ、個人の肌の性質は千差万別。必ずしも人気の化粧品が自分にも合うかどうかは実際に使って見なければ分からないということも多いようです。まずは自分の肌に合った化粧品を見つけることから始めてみてはいかがでしょうか。

50代の美容に役立つ参考サイト

50代の化粧品:50代で使ってみたい化粧品とは?50代からの上手な化粧品の選び方を紹介したホームページ。
たるみ解消に使ってみたい化粧品:加齢ととみに気になる深いシワやたるみに効果的な化粧品を紹介しています。