敏感肌でもオールインワンを使って大丈夫?

エイジングケアを中心に人気を集めているオールインワン。1本でひと通りのスキンケアができるため手間がかからず手軽にケアができるのが大きな魅力です。では敏感肌に悩まされている人にオールインワンは適した選択肢なのでしょうか?

オールインワンは敏感肌に適したスキンケア用品と考えられている

50代オールインワン敏感肌

この点に関してはメリットとデメリットの両方があるため、意見が分かれる面もあります。ただ全体的な傾向してオールインワンは敏感肌に向いている選択肢と考えられており、自分の肌に合った製品を見つけることができれば敏感肌を改善しつつケアを行っていくこともできるでしょう。

 

そもそもエイジングケアに向いた選択肢と言われているのも老化の影響で刺激に敏感になった肌と相性がよいからです。

 

このメリットにおいて最大のポイントは摩擦による刺激を最小限にできることです。通常のスキンケアでは洗顔の後に化粧水、美容液、乳液、クリームといったアイテムを順番に塗付していくことになります。

 

その際にはどうしても指やコットンを使って塗付していかなければならず、その摩擦が肌に蓄積していくことになります。しかしオールインワンなら1本でひと通りのケアを済ませることができるわけですから、単純に考えても摩擦の刺激は4分の1に減らすことができます

 

ただでさえ敏感肌は肌表面への刺激を避けることが大事なのですから、これは非常に大きなメリットといえるでしょう。

 

一方デメリットに関しては単品でアイテムを使用する場合に比べて効果が一歩劣る点にあります。これはどうしても避けられない部分なのですが、敏感肌にとってそれがどれだけマイナスになるかどうか、が評価を決めるポイントとなります。

オールインワンは敏感肌に必要な成分が充分配合されていないことがある点がデメリット

50代オールインワン敏感肌

もともと敏感肌は過剰なケアは避け、シンプルなケアに徹するのが基本ですから、単品で入念なケアを行うよりもオールインワンで必要最小限のケアを行うほうが適しているともいえます。ですからこのデメリットはあまりマイナスにはならないといえるでしょう。

 

ただこのデメリットに関しては必要な成分をしっかり補うことができるかどうかで評価が分かれます。敏感肌にとっては保湿成分と炎症を防ぐための抗炎症成分と殺菌成分がケアにおける重要な成分です。

 

単品のアイテムを使用する場合にはそうした必要な成分が配合されている製品を選びながら使っていけるのに対してオールインワンではその製品だけで必要な成分を必要な量補うことができないことも多いのです。

 

オールインワンには幅広い効果を得るためにさまざまな美容成分が含まれているものですが、敏感肌にとって必要な成分を十分な量を配合しているとは限らず、代わりにあまり必要ない成分が配合されていることもあります。こうした補う成分の取捨選択がうまくできないのはオールインワンの大きなデメリットといえるでしょう。

 

とはいえ、肌に刺激をかけずにシンプルなケアができるオールインワンは敏感肌にとって魅力的な選択肢であることは間違いありません。敏感肌向けの製品も増えていますから、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。
50代で使ってみたいオールインワン化粧品>>

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のたしわ・たるみに!1滴の水も加えないオールインワン美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

パーフェクトワン モイスチャージェル

@コスメでも高評価!若返りが実感できる馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>